PNND Japan: Parliamentarians for Nuclear Non-proliferation and Disarmament, Japan
核軍縮・不拡散議員連盟・日本
HOME






PNND Update
グローバル事務局発行の不定期刊行物です。可能な範囲で、日本語訳をしています。



イベント情報/Events

今後の予定/Upcoming Events



これまでのイベント等/Past Events

PNND日本・北東アジア非核兵器地帯促進ワーキングチーム第1回勉強会

日時:2012年7月11日(水) 午後3時半〜5時
場所:衆議院第2議員会館 第3会議室

1 開会あいさつ

2 講演「北東アジア非核兵器地帯設立の意義」
   ・太田昌克さん(共同通信編集委員・論説委員)
   ・田上富久長崎市長

3 今後のWTについて



長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)との共催イベント

<2015年NPT再検討会議第1回準備委員会(ウィーン)報告集会>

河野太郎PNND日本会長                            平岡秀夫PNND日本会長代行

日時: 2012年5月17日(木) 午後4時〜5時
場所: 衆議院第2議員会館  第4会議室
共催: PNND日本
    長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)
プログラム:
  ・司会        平岡秀夫(PNND日本会長代行、PNNDグローバル評議員)
  ・開会あいさつ  河野太郎(PNND日本会長)
  ・報 告  NPT再検討会議準備委員会について
             中村桂子 (RECNAセンター員、長崎大学准教授)
         PNND国際ネットワークの活動について
             梅林宏道 (PNND東アジアコーディネーター、
                     RECNAセンター長、長崎大学教授)
  ・報告を受けて PNND日本の今後の活動について
             平岡秀夫
  ・閉会あいさつ  調  漸 (長崎大学副学長)

 本会は、4月1日に発足した、長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA)との共催として開催され、4月30日から5月11日までウィーンで開かれた2015年NPT再検討会議第1回準備委員会の最新報告が行われました。
 PNND日本の今後の活動提起では、「北東アジア非核兵器地帯促進ワーキングチーム」趣意書)が創設されたことなど、新しい動きに参加者の注目が集まりました。
 また、田上富久長崎市長から寄せられたメッセージが司会の平岡秀夫PNND日本会長代行より読み上げられました。18名の国会議員が参加し(うち5名は代理出席)、活発な質疑応答が行われました。メディアや一般からの参加も多くみられました。



PNND日本第8回総会

1.日時: 2012年3月21日(水曜日) 午後2時〜午後3時
2.場所: 衆議院第二議員会館 第3会議室
3.総会: 最近の活動と今後の予定
4.講演: 「赤十字と核兵器」
  田坂 治 日本赤十字社事業局国際部長

 昨年4月20日に行われた赤十字国際委員会(ICRC・本部ジュネーブ)のヤコブ・ケレンベルガー総裁の演説に続き、国際赤十字・赤新月運動は、11月26日のスイス・ジュネーヴで開催した代表者会議で日本赤十字社も共同提案者となり核兵器廃絶を呼びかける決議を採択しました。そうした活動についてご報告いただきました。



PNND総会と評議委員会の開催

日時:2011年10月15〜16日
場所:スイス ベルン クルザール・コンベンション・センター

 14カ国から国会議員が参加するとともに、ドゥアルテ国連事務次長(軍縮担当)、エド・マーキー米下院議員のビデオ・メッセージが披露されました。

 PNND日本から稲見哲男議員(事務局長)、梅林宏道(相談役)が参加。会議では「中東非核・非大量破壊兵器地帯を支持する議員声明」(日本語)(英語)が採択されました。稲見議員のスピーチ(英語) 会議の詳細(英文)



日韓PNNDフォーラムをソウルで開催

 平成23(2011)年3月9〜10日、ソウルにおいてPNND日本とPNND韓国が共催して日韓議員フォーラムが開催された。日本から稲見哲男、大河原雅子、川越孝洋の3人の議員と梅林宏道(PNND東アジア・コーディネーター)、勝田忠広(明治大学)の2人の専門家が参加した。帰国した翌日に3.11の東日本大震災が発生した。日程は次の通りであった。

・3月9日ランチタイム 特別セッション「韓半島平和フォーラムとの懇談会」 この部分はハンシン大学平和と公共センター(センター長:李起豪(イ・キホ))主催で行われた。韓国から白楽晴(ペク・ナクチョン、韓半島平和フォーラム共同代表)、白ジョンチョン(元大統領秘書室統一外交安保政策室長、国家安全保障会議常任委員長)、李ジョンソク(元国家安全保障会議常任委員長、世宗研究所上級研究員)が参加した。
・3月9日午後 日韓議員フォーラム「北東アジアの非核化を取り巻く情勢」
・3月10日午前 北東アジアにおける核燃料サイクル



勉強会の開催

 平成22(2010)年11月16日(火)11時〜13時、アラン・ウェア氏PNND国際メンバーを講師とする勉強会が開催されました。
 



議員試写会「カウントダウンZERO」

 平成22(2010)年10月20日(水)、第7回PNND日本総会直後にパラマウント ピクチャーズ ジャパンにご協力いただき、 2011年公開予定のドキュメンタリー映画、「カウントダウンZERO」の議員試写上映を行いました。
 上映前には、前原誠司外務大臣らが登壇。挨拶をいただきました。




日韓PNNDが共催で公開シンポジウム、及び議員会議を開催

<日韓国会議員と語る:北東アジア非核兵器地帯への道>
・日時:2月27日(土)13:30〜16:30
場所:日本青年館・国際ホール(3階)
共催:PNND日本、PNND韓国。協力:ピースデポ

◇プログラム ※同時通訳付

13:15        開場
13:30        開会アナウンス:司会、中村桂子(ピースデポ事務局
            長)
13:30         開会挨拶:犬塚直史議員(PNND日本)
                   クォン・ヨンギル議員(PNND韓国)
13:40        第一部:基調講演
            「北東アジア非核兵器地帯に向けて―日韓NGOの
            視点」
            チョン・ウクシク(平和ネットワーク代表)
            梅林宏道(ピースデポ特別顧問)
14:10         会場との質疑
14:20          休憩
14:30         第二部:日韓議員フォーラム
            「朝鮮半島の非核化と北東アジア非核兵器地帯構想
            のための日韓議員フォーラム」コーディネーター:田
            巻一彦(ピースデポ副代表)
            開会の辞 チョ・スンス議員(進歩新党)
            日韓議員からの発言
               イ・ミギョン議員(民主党)
               パク・ウンス議員(民主党)
               クォン・ヨンギル議員(民主労働党)
               平岡秀夫議員(民主党)
               犬塚直史議員(民主党)
               井上哲士議員(共産党)
               遠藤乙彦議員(公明党)
            会場質疑
            各議員からのまとめ発言
            コーディネーターまとめ
16:25         閉会挨拶:湯浅一郎(ピースデポ代表)


<韓国訪日団・歓迎夕食会>
・日時:2月27日(土)17:00〜19:00
・場所:日本青年館・502会議室
・主催:PNND日本、協力:ピースデポ
    (通訳:金マリア)

17:00        歓迎挨拶:犬塚直史議員
            韓国側挨拶:パク・ウンス議員
            参加者からのスピーチ
19:00        閉会挨拶:梅林宏道(PNND東アジアコーディネーター)


<核問題に関する日韓議員会議>
・日時:2月28日(日)9:30〜11:30
・場所:日本青年館・502会議室
・主催:PNND日本、PNND韓国。協力:ピースデポ

◇プログラム ※同時通訳付

9:30         参加者の紹介
9:40         開会挨拶(兼進行):平岡秀夫議員
             韓国側挨拶:イ・ミンギョン議員
9:50         各議員スピーチ
10:40        日韓NGOからのコメント:イ・テホ、湯浅一郎
10:50        自由討論
11:20        日韓議員による共同声明を採択
11:30         休憩及びメディアの個別インタビュー
12:00        昼食会(宴会場・葵の間)




ギャレス・エバンス氏との朝食懇談会

 2009年12月15日に、日本のPNND参加議員と元オーストラリア外相で核不拡散・核軍縮に関する国際委員会(ICNND)共同議長のギャレス・エバンス氏との朝食懇談会が帝国ホテルにて開かれました。



PNND2009年総会開催

 2009年10月11日〜12日に、ニューヨークでPNND年次総会
ならびにグローバル評議委員会が開催されました。

◇プログラム

・10月11日(日) PNND総会「核廃絶の前進における議
           員の役割」1日目


セッション1:好機の出現を活用する。
  a.「核兵器のない世界」に向けたビジョンの実行
  b.核兵器と暴力のない世界に向けて
  c.核軍縮に対する国会議員の支持

セッション2:核廃絶に向けてー地域的、多国間ステップ
  a.核兵器のない、協調的ヨーロッパ安全保障への移行
  b.拡大核抑止への依存を減らす
  c.多国間交渉:非核兵器保有国の役割

セッション3:核兵器国を関与させる
  a.米国における進歩
  b.核兵器の重要度の削減への、政党や大陸を越えたイニシアチブ
  c.フランスにおける進歩の好機

セッション4:非核兵器地帯から非核兵器世界へ
  a.北東アジア非核兵器地帯へ向けて
  b.非核兵器世界への非核兵器地帯の貢献
  c.核廃絶と核兵器協定の気運
  d.締約国会議


・10月12日(月) PNND総会2日目

セッション5:各国イニシアチブ
  a.核廃絶法と投資の撤収
  b.NATOにおける核兵器の展開とその役割を減らす
  c.英国を核廃絶へと動かす

セッション6:勢いをつける
  a.国連事務総長の5項目計画
  b.国連事務総長の5項目計画への支持
  c.核廃絶への市民社会の支持

国連事務総長の5項目計画を前進させる

PNNDグローバル評議委員会
1.PNNDグローバルコーディネーター報告
2.PNND支部、共同代表報告
3.PNND各国・地域からのアップデート
4.PNND特別代表報告
5.共同代表ならびに評議委員の任命と承認
6.PNND/中堅国家構想/世界安全保障研究所の活動ならびにイベント報告(2009年〜10年)
  a.第6条フォーラム(カーター・センター)
  b.NATO 
  c.NPT再検討会議
  d.ジュネーブ軍縮会議
  e.PNND年次総会
  f.その他
7.渉外活動(アウトリーチ)
8.パートナーシップ
9.資金調達




核軍縮・国際議員ネットワーク(PNND)の活動のいま

12月4日(木)、NPO法人ピースデポ/PNND日本サポート・グループ主催のシンポジウム「核軍縮・不拡散議員ネットワークの活動のいま」が開催されました。
 このシンポジウムには、PNNDグローバルコーディネーターであるアラン・ウェア氏がゲストとして出席し、PNNDの活動に関する発表を行いました。  発表では、なぜ核兵器を問題とすべきなのかという話を皮切りに、なぜ国会議員の活動が重要なのか、PNNDが核軍縮・不拡散を巡る諸問題にどのようなイニシアチブを発揮してきたのかについて、核兵器禁止条約(NWC)や非核兵器地帯など、今日の核を巡る国際的な動向をもとに説明がなされました。

・日時:2008年12月4日(木) 18:30〜
・場所:全国町村会館・第三会議室
・主催:NPO法人ピースデポ/PNNDサポートグループ




議員フォーラムに参加

NPO法人ピースデポの10周年記念シンポジウム「北東アジア非核兵器地帯の可能性」(日本平 和学会後援)において、議員フォーラムが開催され、PNNDメンバー5名がこれに参加しました。 フォーラムでは、北東アジア非核兵器地帯構想につて各議員が見解を述べ、活発な意見交換が 行われました。

・日時:2008年2月23日(土) 14:00〜
・場所:有楽町朝日スクエア

◇参加議員: 猪口邦子(自民党) 平岡秀夫(民主党) 赤松正雄(公明党) 
     井上哲士(共産党) 阿部知子(社会民主党)




「米印原子力協力協定」勉強会

総会で決まったことに基づいて、勉強会が開催されました。

  • 日時:2008年2月20日(水)午後3時〜
  • 場所:衆議院第一議員会館、第4会議室
  • 講師:鈴木達治郎氏
    「米印原子力協力:その現状と日本の課題」
    ((財)電力中央研究所経済社会研究所上席研究員、東京大学大学院法学政治学系特任教授)



PNNDグローバル評議委員会

10月12日に、ニューヨークでPNNDグローバル評議委員会が開催されます。会議では、PNNDの名称変更や、評議委員と共同議長の選出について話し合われる予定です。

◇プログラム(予定)

  • 日時:2007年10月12日(金)午前9時〜午後5時
  • 場所:PNND/MPI/GSI 事務所
9:00〜10:30
  1. イントロダクション
    ロウチ上院議員(PNNDグローバル評議委員会議長):
    核拡散と軍縮に関する世界情勢とPNNDの役割
  2. PNND活動報告
    (a)PNNDの各部門とグローバル評議委員
    (b)PNNDグローバルコーディネーター
    (c)PNND特別代表
  3. PNND2008年の計画
    (a)行動を起こすべき重要な問題地域
    (b)主なイベントと機会
11:00〜13:00
  1. PNND2008年の計画(続き)
  2. PNNDグローバル評議委員の任命
  3. 共同代表の任命
  4. 名称変更への提案
  5. 基金と活動
13:00〜15:00
  1. ランチ
16:00〜17:00
  1. ビデオ会議
18:00
  1. レセプション



議員ラウンドテーブル

東北アジア非核化への選択と可能性

※以下のプログラムで06年12月6日開催の準備をしておりましたが、 韓国から参加予定のリ・ミギュン議員が参加できなくなり、もともと日韓議員が 中心のラウンドテーブルとして計画していたものであったため、キャンセルとなりました。機会を改めて開催の機会を探ることになります。

◇プログラム(案)

  • 日時:2006年12月6日(水) 9時30分〜12時30分
  • 場所:憲政記念館第3会議室(電話:03-3581-1651)
  • 共催:PNND日本、PNNDグローバル
 (日本語、韓国語、英語の3ヶ国語の同時通訳)
座長 河野太郎(PNND日本、事務局長、自民党)
中川正春(PNND日本、幹事、民主党)
  1. 登録/コーヒー
  2. 歓迎のあいさつ(10時)
    鈴木恒夫(PNND日本、会長、自民党)
  3. 参加議員の自己紹介
  4. 話題提供(5〜8分)
    (1)河野太郎(日):
    6か国協議の成功のために:日本からの一視点
    (2)リ・ミギュン(韓、PNND韓国・共同議長、ウリ党):
    6か国協議の成功のために:韓国からの一視点
    (3)中川正春(日):
    日朝正常化への建設的アプローチ
    (4)カート・ウェルドン(米、下院軍事委員会副委員長、共和党)
    米国からの視点と可能性
    (5)デニス・クシニッチ(米,下院国家安全保障・新しい脅威・国際関係小委員会幹事,民主,ビデオ会議)
    平和と非核化プロセスへの米国のイニシャチブ
    (6)エドワード・マーキー(米、不拡散超党派グループ共同議長、民主、ビデオ会議)
    核軍縮と不拡散の推進――バランスのとれたアプローチ
    (7)梅林宏道(NPO法人ピースデポ代表、PNND東アジアコーディネーター)
    東北アジア非核兵器地帯の展望
  5. 意見交換
  6. 閉会あいさつ
    アラン・ウェア(PNNDグローバル・コーディネーター)
    河野太郎(座長)
    中川正春(座長)

昼食

フィル・ゴフ・ニュージーランド軍縮・軍備管理大臣講演会

ニュージーランド軍縮・軍備管理大臣でありPNNDのメンバーでもあるフィル・ゴフ氏が PNND日本の招きで公開講演をします。

新アジェンダ連合の今年の国連の動きなど、直接に聴けると思います。 また、日本のPNNDがより活性になるチャンスです。 ぜひ多数ご参加下さい。




ウェリントン国際会議

シンポジウム: 国会議員、核不拡散条約そして非核兵器地帯

PNND日本としては、遠山清彦議員が「不拡散と議員の取り組み」についてスピーチを行いました。




核軍縮議員フォーラム

長崎市、長崎県、地元市民団体などが共催の「核兵器廃絶―地球市民集会ナガサキ」において PNND日本と国際PNNDが共催したフォーラムです。

「使える核兵器」として新世代核兵器の開発が懸念される新しい危機状況の中で、それぞれの国の議会や多国間会議の場で、 国会議員の果たすべき役割を検討することを趣旨とし、日本、米国、カナダ、ニュージーランドの国会議員が 「核兵器の新しい危機の時代に議員の役割を考える」というテーマでパネル討論を行いました。

◇プログラム

  • 日時:2003年11月23日(日)午後2時〜5時
  • 場所:長崎市原爆資料館
  • 同時通訳
  1. 梅林宏道:5分
    自己紹介、日本議員の紹介、フォーラムの趣旨と流れの説明
  2. アラン・ウェア:5分
    自己紹介、海外議員の紹介、会の趣旨追加
  3. ダグラス・ロウチ(カナダ上院議員、MPI議長):20分
    PNNDバンクーバー会議について、テーマについて
  4. ケース・ロック(ニュージーランドPNND事務局長):20分
    ニュージーランドの視点からテーマについて
  5. 鈴木恒夫(自民党):20分
    日本の視点からテーマについて
  6. 中川正春(民主党):20分
    日本の視点からテーマについて
  7. パネリスト間の議論 :20分
  8. 会場とのやり取り :50分
  9. 最後の一言 4人の議員 :5分ずつ 20分



バンクーバー国際議員会議

核の危険から協調的安全保障へ:国会議員と核軍縮の法的義務

この会議は、PNNDが設立後初めて開催した国際会議です。




公開セミナー

核時代平和財団(NAPF) の代表である、デービッド・クリーガー博士を招いて勉強会が行われました。

 

©2006 PNND Japan. All rights reserved.