PNND Japan: Parliamentarians for Nuclear Non-proliferation and Disarmament, Japan
核軍縮・不拡散議員連盟・日本
HOME






PNND Update
グローバル事務局発行の不定期刊行物です。可能な範囲で、日本語訳をしています。



ミッション/Mission

国内的にも国際的にも、資料や情報を共有し、協調的な戦略を発展させ、 核軍縮の問題、核軍縮への構想、そして核軍縮活動の舞台に関与する ための議員のための超党派の広場です。

The Parliamentary Network for Nuclear Disarmament is dedicated to providing parliamentarians worldwide with up to date information on nuclear weapons policies and to helping parliamentarians become engaged in nuclear nonproliferation and disarmament initiatives.

PNND設立の趣旨

1.なぜ議員?/Why Parliamentarians?

「...世界にあるさまざまな議会は、政府と市民社会をつなぐ橋である。 議会は、国のさまざまな計画に対する資金を提供する。審議を通して議会は政策形成を助け、 調査と監督の権限を通して公的な説明責任を実現する。議会は、政府に国際的な誓約や約束を 守らせる保塁となる。この役割を果たすために、時として国内法を制定することが必要になる。 これらの機能は、核軍縮の将来にとって絶対的に必要なものである。これらの助けによって、 軍縮は、ビジョンだけではなく、背骨と筋肉と歯を与えられることになる。」

(ジャヤンタ・ダナパラ国連事務次長、2000年7月3日、英国下院)

"....The parliaments of the world are the bridges between government and civil society. They provide the funds to pay for national initiatives. Through their deliberations, they help to shape policy, and through their investigative and oversight powers they build public accountability. They provide a bulwark to ensure that governments comply with their international commitments and pledges --- a role that at times requires the enactment of domestic legislation. These functions are absolutely vital to the future of nuclear disarmament. They help to give disarmament not only vision, but also some backbone, muscle, and teeth."

UN Under-Secretary-General Jayantha Dhanapala, British House of Commons, July 3, 2000

2.核軍縮への取り組みの必要性

/Why worry about nuclear disarmament?

冷戦は10年前に終わりました。しかし、3万発以上の核兵器が貯蔵されており、5千発以上が 一触即発の警戒態勢に置かれています。米国のミサイル防衛計画が、中国やロシアを核兵器能力の 強化に向かわせています。インド・パキスタンは、1998年の核実験に続いて、核兵器の配備を準備しています。 テロリストの米国攻撃は、テロリストが大量破壊の手段に訴え、国家が報復のために核兵器の使用や威嚇を 行う可能性を高めており、核兵器使用の危険が増していることを示しています。

しかし、包括的で検証可能な核兵器禁止へと進む可能性の窓は、存在しています。 したがって、各国政府のなかに、政治的意思を形成する必要があるのです。


The Cold War ended a decade ago, yet there are still 30,000 nuclear weapons stockpiled, with over 5000 deployed on hair trigger alert. Plans by the US to develop a ballistic missile defence are prompting China and Russia to enhance their nuclear capabilities. India and Pakistan are preparing to deploy nuclear weapons following tests in 1998.

The terrorist attacks on the US represent an increased risk of nuclear-weapons-use as terrorists resort to mass destruction and states become more likely to threaten or use nuclear weapons in response.

However, a window of opportunity exists to move toward a comprehensive and verified ban on nuclear weapons. There is thus a need to build political will amongst governments.

PNND日本の経過

日本では、超党派の12人の国会議員が呼びかけ人となり、2002年7月24日に設立総会を開催したのがその始まりです。
PNND日本は核軍縮に関する知識の共有や、国会議員として核軍縮にどう関与するか等、議論を重ねてきています。

2006年8月には、より積極的な活動を支援するべく、サポートセンターを設置し、 最新情報の共有やより頻繁な議論を行う予定です。

総会
主な経過

 

©2006 PNND Japan. All rights reserved.